ホーム>食といのちの7つの鍵

食といのちの7つの鍵

食といのちの7つの鍵を伝授します

1. 野生の生命力を宿した「雑穀」

雑穀には現代の食事に欠けている必須栄養素がぎっしり!

雑穀

雑穀と出会ってそのエネルギーあふれる体験したことのないおいしさに衝撃を受けました。「体=細胞」が大喜びして元気が体に満ちてくる「本当のおいしさ」は感動的です。

すっかり魅せられて、雑穀と野菜を料理しては食べる毎日を楽しむと、体と心の不調がいつの間にか消えていきます。それどころか、年々若返る、年々体力がつく、年々声がキレイになる、という嬉しい奇跡が起こっています。

 

2. 日本伝統の「エナジークッキング術」

保存しながら食べものの生命エネルギーを高める和食の知恵

日本伝統の「エナジークッキング術」

日本の伝統調理術は、病原菌の繁殖しやすい高温多湿の気候を生き抜くための知恵と技の宝庫です。

冷蔵庫がなくても腐敗を防ぐ方法であると同時に、保存しながら栄養価もおいしさも高める夢のような食事、まさにエナジークッキング術です。

その和食の知恵と技の「基本ルール」を活用して、現代の暮らしや感覚に合わせて捜索した食の提案が「未来食つぶつぶ」です。

 

3. 食と体、心と体の関係を解き明かす「細胞生物学」

細胞生物学の進歩が解き明かしつつある健康維持の秘訣

大森かおり.jpg

細胞生物学という分野が、遺伝子理論をくつがえす形で進展しています。体は60兆を超える細胞の集まりです。だから、細胞が元気なら元気な体になるというとてもシンプルな事実があります。

細胞を元気にする条件の代表的な研究に、細胞を細胞に適さない液体の中に入れるとあっという間に病気になり、元の細胞に最適な液体に戻すとさっと元気になるという実験があります。

もう一つの研究は、精神状態によって、体液と血液の成分が変化するということです。笑いや、楽しさや、前向きな気持ちになると細胞を元気にする化学物質が体内で作られ、反対に、批判や不安・恐れ、怒りなどのネガティブな感情は細胞にダメージを与える化学物質を体内で作り出す、というものです。

細胞を元気にする「食べ方」×体に元気物質を作らせる「考え方」が健康の基本です。
これは掛け算なので、どちらが欠けても効果はなくなります。

 

4. 「食といのちのバランスシート」

食べものをみわける 2つの指針

食といのちのバランスシート未来食には体の生理的欲求に合う食べものを簡単に見分けることを可能にする「食といのちのバランスシート」があります。縦軸は、身体を温めるか冷やすかのスケール、横軸は血液を酸性にするかアルカリ性にするかのスケールです。

食べものがバランスシートのどの位置にあるかが解れば、毎日の食事のバランスを自分でとることができるようになります。

世界の伝統食をチェックしてみると、美しい円の中に収まった健康的な食べ方をしていたことが解りました。アルカリ性の温かい血液を作る食生活です。一方、現代食生活を当てはめてみたら、こんなブーメラン型になりました。血液を酸性に傾け、病気を作る食生活です。

 

 

5. 「食と心のメカニズム」の最先端

制限、批判、恐れ、罪悪感、が病気を作る

もちアワグラタンのサムネイル画像

食転換のプロセスで気づいたもう一つの大きな問題点が、無添加の安全な食品を食べても心が否定的だったら、健康になれないという事実です。

まじめに自然食と取り組むことで、新たな食源病になってしまう人がたくさんいることにも愕然としました。「今のままでは体が物理的に壊れる」でも「ネガティブな心で取り組んだら効果ゼロどころかマイナス」、「いったいどうしたらいいのか」、その答えがここにあります。

「まじめに正しく」から「のびやかに輝いて」へ

未来食つぶつぶの特徴の一つはリラックス型の食事だということです。穏やかな波動を持ったバランスのとれた料理のエネルギーのハーモニーが体と心の緊張をどんどんほぐしてくれます。

肉食過剰の食生活と、とりあえずの満腹感しかもたらさないぬくもりの無い人工的な食生活で私たちのカラダは緊張を強いられ続けています。「まじめに正しく」という刷り込みが私たちの心を、子どもの時から緊張させ続けています。

あなたが、砂糖たっぷりのケーキやアイスクリーム、コーヒーやスパイスなど熱帯の食べものにひかれるのは、その弛緩作用によって、緊張を解いてリラックスするためです。とはいえ、過度な緊張と過度な弛緩を行ったり来たりの生活では本当のリラックスは手に入りません。体はどんどんバランスを崩していきます。

また、肉や添加物をやめても「まじめに正しく」という意識のクセを手放さないと、体も心もリラックスすることはできません。未来食つぶつぶは「のびやかに輝いて」舌も体も心も喜ぶおいしさを楽しむ、これまでの自然食の概念にあてはまらない新感覚の食スタイルです。

 

6. つぶつぶ食学 

食の疑問や不安から自由になる新しいグルメ!それが未来食つぶつぶです。

高キビハンバーグ

ガマンは続きません。おいしい料理を食べるとエネルギーがそれだけでも高まります。

おいしさと体の満足を両立させるつぶつぶ食学で、あれっと思うほどシンプルな食と体の関係を知ることでスルスルと疑問が解け、不安が解消して行きます。

 

7. 理屈抜きのおいしさを創り出す簡単シンプル「手料理術」

心の満足と合理的料理システムをデザイン

鍋調理中

ミリオンセラーのステーショナリーを生み出すヒットデザイナーだった経験を生かして、食べものと呼ぶにふさわしい食材だけを組み合わせて、巷の人気メニューや世界のグルメメニューを雑穀と野菜でつくるオリジナルレシピを3000点以上生み出し続けています。

体の満足とともに、心の満足を同時に満たす「現代感覚の見た目とおいしさ」をデザインし、無駄な手間や時間をかけず楽々おいしくつくれる「合理的でシンプルな料理のシステム」をデザインした新しいグルメを提案します。

 

  • 全国各地で開催中! 未来食セミナーScene1 日程一覧・お申し込みはこちらからどうぞ
  • まずは、気軽にみて、きいて、たべて、「未来食つぶつぶ」を五感で体感してください。90分で体感!参加費3000円 つぶつぶ体感会 日程一覧・お申し込みはこちらからどうぞ

 

ページ上部へ