専門家の声

未来食は世界に通じる「究極のビーガン食」

NPO法人日本ベジタリアン協会代表、歯学博士 垣本充氏より

つぶつぶ菜食は、伝統的な和食の形態を維持しつつ、栄養的にも充足しており、世界に通じる洗練された「究極のビーガン(純菜)食」だと思います。
かつて、菜食はタンパク質不足を招くと言われたことがあります。
これは全く間違った説で、ハーバード大学医学部栄科のステア教授によれば、ヴィーガン(純菜食)はタンパク質を1日平均83g、ベジタリアン(乳卵菜食)は98g摂っていて、米国成人男性1日あたり72gを大きく超えてタンパク質を摂取しています。

穀物を中心とする日本型の純菜食では、穀類に不足している必須アミノ酸のリジンを豆類で補えば、タンパク質での栄養的な問題は発生しません。

2009年には、米国栄養士会が「適切に献立された菜食(ヴィーガンを含む)はある種の病気の予防だけでなく治療にも有効である。また、入念に計画された菜食は、妊娠・授乳期、乳幼児期から老齢期までのすべてのライフサイクルで栄養的に適切である」と菜食を科学的に支持する論評を公表しています。

〜垣本充・大谷ゆみこ共著「完全菜食があなたと地球を救うヴィーガン」より引用〜

建築家・田中大造さん「始まりは食」

建築家・田中大造さん「始まりは食」サムネイル
生活の基礎に「衣食住」があります。私は住宅を設計するので「住」の専門家と言えます。でも、そこから「住」だけを取り出して設計する事はありません。ただの箱にしかならないからです。「衣食住」は三位一体として身体と響き合うもので…

セラピスト・鎌田麻莉さん「食べることは生きること、と本当に思います。」

セラピスト・鎌田麻莉さん「食べることは生きること、と本当に思います。」サムネイル
シーン1では、未来食つぶつぶがどういうものか、ということ以前に、まずは料理の基本を一から習えたことがよかったなーと思います、例えば、米の研ぎ方、おひたしの作り方、計量の仕方、もちろん雑穀の炊き方も習いました。理論と実践が…

看護大学教授・和住淑子さん「今では夫や娘も未来食を学び始めています」

近代看護の祖といわれるナイチンゲールは、1859年、病気とは「癒やそうとする自然の努力の現れ」である、という画期的な見方を発表しました。これは、病気とは何か良くないことが起こっている状態だ、という当時の常識とは全く逆のと…

作家・夏目祭子さん「食事は、命の質を健康的に高めるためにするもの」

作家・夏目祭子さん「食事は、命の質を健康的に高めるためにするもの」サムネイル
今の日本で「生活習慣病」にかかる人が激増しているという事実は、すなわち現代の一般的な食事スタイルが、必ずしも私たちの健康の質を高める方法として役に立っていないことを意味しています。 さらに、そうした生活習慣病の予防・改善…

整体師・奥谷まゆみさん「ただ「体に良い食」を学ぶのではなくて、いのちのしくみを学ぶ」

整体師・奥谷まゆみさん「ただ「体に良い食」を学ぶのではなくて、いのちのしくみを学ぶ」サムネイル
いや~!未来食セミナー、面白かったです!! 長時間耐えられるか?! と不安でしたが(笑)つらかったのはおしりだけ!!(笑) 「これは食べちゃダメ!」「これを食べなさい!」っていう押し付けは一切ナシ! ただ「体に良い食」を…

歯科医師・高橋みつ紀さん 「自分への信頼と人生の楽しみを得られるすごいセミナー」

歯科医師・高橋みつ紀さん 「自分への信頼と人生の楽しみを得られるすごいセミナー」サムネイル
私は普段は歯科医師として働いています。 皆様のお口の健康を守るためのサポートをしているわけですが、セミナーでゆみこさんの話を聞いて強く感じたことは、「口ってすごい!!」ということです。 おいしい料理を食べるところ、素敵な…

弁護士・須田洋平さん「肉食から穀物食への再シフトがこの矛盾を解消するためのカギになる」

弁護士・須田洋平さん「肉食から穀物食への再シフトがこの矛盾を解消するためのカギになる」サムネイル
私はもともと肉食が大好きでした。ところが、フランスで国際環境法を学んだ際、1キロの鶏肉を作るのに4キロの穀物が、1キロの牛肉を作るのに10キロ以上の穀物が必要となること,そして、穀物を育てる農地を確保するために森林伐採が…

作家・高木康子さん 「つぶつぶは、人生を輝かせるきっかけをくれるもの」

作家・高木康子さん 「つぶつぶは、人生を輝かせるきっかけをくれるもの」サムネイル
未来食セミナーは長時間でしたがあっという間でした。 つぶつぶ料理は体と心が芯から喜ぶおいしさで、ほんまにおいしい! 頭じゃなくて体が求めているおいしさ、喜びの心で食べることが大切なのだと分かりました。 また、私にとっては…